派遣の事務求人にはどういう職種がある? 受かりやすい求人の特徴は?

派遣のオフィス事務系は、職種が色々とありますので、一見違いがよくわからない事もあります。

今回は、あまり難しい専門職ではなく、一般的なオフィス求人のそれぞれの違いや、受かりやすさ(難易度)をまとめました。

(経理、貿易、翻訳などは専門的な事務になりますので、今回の記事では割愛しています)

今回比べてましたのは、「一般事務」「データ入力」「営業事務・営業アシスタント」「秘書」「受付」です。

それぞれの仕事内容や、難易度、初めての派遣向け求人かどうかを解説。

一般事務の仕事内容・受かりやすさは?

実はこの「一般」がとても意味が広いため、同じ「一般事務」のカテゴリ内でも、
会社によって結構お仕事の難易度が違うという場合もあります。

しかし、よくある求人としては、このような仕事が多めです。

<一般事務の仕事内容>

○システムへの入力・チェック
○ファイリング
○書類作成
○電話取次ぎ
○来客対応
○伝票の作成や配送手続き
○お客様への内容確認
○商品の在庫管理
〇他部署への発注
◯納期調整
〇メール対応

これでも十分に幅広いですが、よくあるお仕事としては、2つのタイプがあります。

・「システムへの入力や資料作成、ちょっとした電話対応や書類郵送がある事務系」

・「在庫を確認して、システムやメールで発注をかけ、納期の連絡などをする、調整がメインの事務」

などが求人の件数が多めです。

<他の事務系の仕事とどう違う?>

データー入力ほど、黙々と入力する訳でもなく、営業アシスタントほどお客さんに近くはない…、そんな中間的なお仕事。
一般的な「オフィスの事務職」のイメージに一番近い職種でしょうか。

派遣のお仕事の中では最もメジャーで、時給も平均的。

まさに派遣といえばコレと言われる職種です。

データ入力の仕事内容・受かりやすさは?

次はデータ入力の仕事内容紹介です。

こちらも事務系ですが、「データの入力専門」というだけあって、しっかりパソコンの前で文字や数字を打ち続けるという求人になります。
よくある求人としては、このような仕事が多めです。

<データ入力の仕事内容>

〇契約書の不備チェック・内容確認、システムへの入力

〇申し込み書をデータ入力、数字入力がメイン

〇口座開設資料の作成、発送、申込の確認、データをシステム登録

一般事務に比べて、お客様と直接接したり電話したりする機会は少なくなります。

その分、資料を作ったり、紙のデータをシステムに入力したり、数字の間違いがないかを目でチェックするなど、シンプルな作業が長く続くお仕事が多め。

<他の事務系の仕事とどう違う?>

一般的な事務や営業アシスタントよりも、会話の機会が少ないので、黙々と仕事に集中したい人には、かなりのオススメ職種です。
また、嫌でもパソコンを使い続ける事になるので、タイピングやソフトの扱いも上達します。

派遣のスキルチェックの成績が上がるのもほぼ確実ですので、次に活かしやすい仕事です。

まずはスキルを上げるために、オフィスワークにデビューしたいという人には、ピッタリな職種かも知れません。

営業事務・営業アシスタントの仕事内容・受かりやすさは?

派遣会社によって、営業事務と呼んだり営業アシスタントと呼んだり、微妙に名前の違うのが営業事務系です。

「営業」という名前がつくだけあって、所属するのは営業部になるのが大半です。
場合によっては営業マンと一緒にお客様の元に訪問する事もある、事務の中でもかなりアクティブなお仕事。

よくある求人としては、こんな仕事が多めです。

<営業事務・営業アシスタントの仕事内容>

〇来客応対、電話応対

〇請求書発行、売上入力、売掛金管理

〇在庫確認、納期調整、見積書作成

〇Word、エクセル、パワーポイントでの資料(提案書)作成

〇スケジュール調整

〇商品説明のサポート(補助)

営業部に所属しますので、やはり見積書や提案書など、お客様に直接見せる資料の作成が多めです。
また、会社によっては営業マンの補助として、お客様に直接電話で確認を取ったり、問い合わせに対応するなど、難易度が高めの職種でもあります。

<他の事務系の仕事とどう違う?>
営業よりのお仕事ですので、バタバタと忙しく納期がキツイ仕事も多め。
他の事務に比べますと、電話や接客、説明など「話す」仕事が多くなります。

コミュニケーション力をしっかり活かせる職種で、時給も他に比べるとやや高め。

一般事務はもう慣れたという人は、ぜひチャレンジしてみてほしい職種です。

秘書の仕事内容・受かりやすさは?

意外と求人の件数があるのがこの「秘書」です。

ただ、TVや映画のイメージで「ものすごくスキルが高くないと出来ないのでは?」と思って避けているという方も多いのでは。

確かに新卒未経験では、なかなか難しい事の多い職種で、仕事の幅は結構広めです。
また、会社によって全然仕事内容が違ってきますので、応募する前に求人の確認はしておきましょう。

<秘書の仕事内容>

〇電話案内、書類発送、年賀状作成、問い合せ対応、資料作成・発送、来客応対、メール対応、請求書作成、

〇チームメンバーの出張、ホテルの予約や来客者サポート、交通機関の手配、チケット準備、備品準備など

〇役員、会長のスケジュール管理、受付、データ入力、日程調整、会議室・備品管理

秘書といっても、必ずしも社長や会長だけを相手するという職種ではなく、例えば営業チーム全員の出張のサポートや、社員全般のサポートをするような職種も。

<他の事務系の仕事とどう違う?>
「秘書」という名前が付くだけあって、会社の経営者や重役の方々と仕事をする事の多い職種。

プレッシャーを感じてしまうかもしれませんが、より大きな仕事に関わるチャンスでもあります。何か一つのスキルがあればいいという訳ではなく、「あれもこれも」と仕事を振られる働き方ですので、仕事経験が豊富な方がスムーズです。

受付の仕事内容・受かりやすさは?

件数は多くはないものの、受付の求人を派遣で選ぶ事も出来ます。

「結構ヒマそう」というイメージを持たれがちですが、意外と覚える事が多かったり、仕事内容が広くて驚く事もある職種です。

また、海外のお客様が多い場所での求人は、英語や他国語のスキルが求められる場合もありますので、応募前に確認をしておきましょう。

<受付の仕事内容>

〇クリニックなどの受付:診療受付、データ入力、電話応対、患者さんの誘導、器具の準備など

〇ショールームの受付: 来店や予約の受付、お茶出し。PC入力、電話応対、DMの発送、予約管理

〇一般企業の受付 :電話応対、来客応対、お茶出し、席誘導、食器洗い、ファイリング、データ入力など

昔ながらのイメージがある、社内で上司へのお茶出しなどの仕事はずいぶん減っている傾向がありますが、クリニック、ショールーム、イベントなど華やかな場所での受付は派遣の求人も増えています。

<他の事務系の仕事とどう違う?>

受付の求人では、未経験歓迎の会社が多く、パソコンスキルはそこまで求められない場合が多め。事務系が苦手という時には、一度は選んでみたい職種かも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました