【初めての派遣】正社員やパートとはどう違う? 働く時のメリット7つと、デメリット2つ

 

初めて「派遣で働いてみようかな」と思った時、やっぱり気になるのは、正社員やアルバイト、パートとどう違うのか、という点ですよね。

時給が高いイメージがあるけれど、その分キツイ仕事やブラック企業が多いのでは…と不安な時も?
そんな時は、派遣のメリットやデメリットをちゃんと知っておけば、安心して働く事が出来ますし、バイトやパートでは難しい時給や福利厚生も受けられます。

逆に「これは辞めておいた方がいい」というポイントも解説していますので、ぜひ、派遣の働き方を賢く活用してくださいね。

「派遣」のメリットとデメリット、両方をチェックしておくと、自分にピッタリの働き方を選べます♪

 

派遣で働く時のメリット・ベスト7

それでは、先に派遣で働くとどういうメリットがあるのか、アルバイトやパートと比べてどう違うのか、ポイントをまとめました。

メリット1:まず時給が高い!

やはり派遣で働くメリットの一番大きいのは、「時給」と答える方が多いですよね。

派遣のお仕事は、基本的にはアルバイトやパートに比べて、数百円ほど時給が高いのが一般的。
仕事によっては「アルバイトと大して変わらない仕事内容なのに、時給が数百円高い?」と思うような内容もあります。(もちろん、そんなお仕事ばかりでもないですが)

仕事内容や場所にもよりますが、実際に働いている人の感覚では、時給1300円~1400円くらいの仕事を選んでいる人が多いとも言われています。

また、最近では働く時間を選べる求人が増えています。
派遣というと「9時スタートで8時間勤務、残業あり」のイメージを持たれているかも知れませんが、正社員では難しい、1日4時間だけの求人や、週3日勤務などを選べる所も増えています。

ほしいお給料の額になるように、時給と時間、出勤日数を選んで働けるのも、派遣ならではの魅力かも知れません。

 

メリット2:体を動かす仕事より、事務系の仕事が多い

お仕事内容の違いも、長く働く上では大切ですよね。
アルバイトやパートですと、どうしても接客や販売、製造、作業など、体をしっかり動かして声を出す仕事が多くなりがちです。特に、バイトやパートでオフィスワークを探すのは大変。

その点、派遣のお仕事のメインはオフィスワーク系ですので、事務の仕事をしたいと思う人にはオススメです。

 

メリット3:仕事の種類が多く、専門知識や経験も活かせるものが多い

正社員で働いていた時の経験を活かしたい、専門の知識があるので活かしたい。
そんな「自分を活かして働きたい」という時には、特に派遣のお仕事が便利です。

せっかく大学で学んだ事や、正社員で経験した仕事も、パートでは活かせない…もったいないと思う事もありますよね。

事務系はどの派遣会社でも、かなり細かく分けられていますので、なるべく簡単なデータ入力系の仕事もあれば、貿易や経理、翻訳など専門知識をしっかり活かす系のお仕事もあります。

 

メリット4:契約終了が出来るので辞める時のトラブルも少ない

仕事を始める時も大切ですが、辞め方も大切ですよね。

アルバイトやパートの場合、「辞め方」を教えてくれる事はまずありませんよね。
派遣の場合は、契約の期間が決まっています。契約期間が終了近くになりますと、契約更新するか、そのまま辞めるかを選ぶ事が出来ます。
(実際には、契約終了日の1か月ほど前に派遣会社の担当さんから確認が来ますので、その時に伝えるのが一般的)

そこで契約を終了させてしまえば、その仕事は終わりますので、次の仕事をまた派遣会社から紹介してもらうという形ですね。

「この会社、本当にあわない、無理…」と思った時に、辞めたいのに辞めづらくてズルズル引きずる、という事がないので時間を大切にしたいあなたにもオススメです。

 

メリット5:時給交渉がしやすい(派遣会社が代行してくれる)

派遣で長く働いている人が、特にメリットを感じやすいのは、やはり「時給交渉」です。

アルバイトやパートですと、そもそも時給アップの時期や基準も決まっていない職場が多く、店長との関係次第…という場合も多めです。また、自分から時給アップを言い出せずに、いつまでも同じ時給で働いてしまうという事も。

派遣の場合ですと、多くの会社が1年ごとや、契約更新のタイミングなどで時給の話もする事が出来ます。
派遣会社に「もう少し時給がないと苦しい」と伝えておきますと、派遣会社の担当スタッフが、派遣先の上司に交渉を代行してくれます。
そのため、自分で職場の上司に交渉する必要がなく、代わりに派遣会社が時給交渉をしてくれるのがうれしいポイントです。

 

メリット6:面接にも派遣会社の営業が同席してくれるのでプレッシャーが低い

派遣の面接はハードルが高そう…と不安なあなたに嬉しいのが、「営業担当の同席」です。
普通、アルバイトやパート、正社員の面接は自分ひとりと面接官数人ですよね。
しかし、派遣の場合は、自分を担当してくれる派遣会社の営業担当が、隣に座った状態で面接を受ける事ができます。

もちろん営業担当の方は、あなたの味方ですので、面接官にあなたの代わりにアピールしたり交渉したりをしてくれますので、受かるまでのハードルがぐっと低くなります。

隣に味方がいる面接なんて、派遣以外ではちょっと考えられない、便利な仕組みですよね。

 

メリット7:バイトやパートにはない福利厚生がある。

特に大手の派遣会社では、福利厚生の充実ぶりが目立ちます。
各種の社会保険は当然で、フィットネスや通販、グルメの割引があったり、スキルアップのための研修が無料だったり、食事会や旅行があるような会社も(もちろん参加は自由です)。

割引や使えるサービスがとにかく幅広いため、大手派遣会社では、福利厚生の専用のホームページを持っていたりしますので、定期的にチェックしたいものですね。

 

逆に、派遣で働く時のデメリットや注意点はどこ?


ここまで派遣のメリットをお伝えしてきましたが、もちろんデメリットになりそうなポイントもあります。
それらのデメリットを避けるためのコツもあわせてお伝えしていきますので、ぜひ確認しておいてくださいね。

派遣のデメリットもちゃんと知っておかないと、あとで困ってしまう事も。

 

デメリット1:時給だけで選ぶと、ハードルの高い仕事に当たってしまう事も…

アルバイトやパートの仕事の場合、多少の差はありますが、多くの物が「未経験者でも頑張って覚えれば何とできる仕事」が大半です。

しかし、派遣の場合は、お仕事の難易度が非常にライトな物から、ハードルの高い物まで様々です。
それだけ自分にピッタリな物を選べるという事でもありますが、選び方を間違えると、「絶対、自分には無理」と思うような難しい仕事に当たる事も。
(もちろん事前に面接がありますので、その前に面接で落ちる事にはなると思いますが…)

そのため「時給は高ければ高い方がお得!」という考えで応募してしまうと、後で苦労をするかも知れません。
まずは「自分の経験を活かせるか、自分でも出来そうと思える仕事」をいくつか選んで、その中から時給の高い物を探すのが、良いお仕事探しのコツともいえます。

 

デメリット2:契約をあちら側から終了する事もある

派遣のメリットの中で、「契約の終了が出来る」とお伝えしましたが、契約の終了が出来るのは、会社側からも可能です。

そのため、自分はまだまだ働きたいと思っていても、会社側から「次回の派遣契約の更新はしないので、今の契約期間が終わったら、そこで終了です」と言われてしまう事もあります。

特に、会社の業績が急に悪くなった会社や、人材の扱い方が悪いと評判のある会社などは、急に契約が終了されてしまう事もあるので注意しましょう。

 

どういう派遣会社を選べば、メリットをちゃんと活用できる?

ここまで色々なメリット7つとデメリット2つをお伝えしてきましたが、これらをちゃんと活用できる派遣会社選びにはコツがいくつかあります。

 

■派遣会社を選ぶ3つのコツ!■

 

コツその1・福利厚生が充実している大手派遣会社を選ぶ

福利厚生は中小の派遣会社よりも、大手の充実ぶりが圧倒的です。使える割引やサービスは、大手ならばHPで公開されている事が多いですので、「自分のほしいサービスがあるかどうか」で選ぶのもひとつの方法です。

 

コツその2・支店が多い または近い派遣会社を選ぶ

派遣会社は、どこも全国まんべんなく支店がある訳ではありません。
東京・大阪・名古屋は多いのに、他エリアはまるで支店がない、という派遣会社もよくあります。

支店が通える範囲内にある場合は良いですが、例えば九州の場合、福岡にしか支店がない会社で、宮崎や熊本の仕事を探すのはオススメできません。(担当の営業さんが遠いので、対応が遅くなってしまったり、あまり対応が良くない場合も)

逆に、支店が近い派遣会社の場合、その近辺のお仕事も充実していますので、選べる仕事の幅が増えます。

 

コツその3.何社か登録を済ませてみて、お仕事紹介の早い(内容の良い)会社とお付き合いする

派遣会社は何も1社だけしか登録してはいけない訳ではありません。
普通、2社か3社ほど登録を済ませて、自分にあうお仕事紹介をくれる会社で契約するのが便利です。

特に、派遣会社の担当さんとは相性の良し悪しもあります。
「この人たちとはちょっと無理…」と思う対応の会社とは、無理して付き合わず、別の派遣会社へ登録していく方が、よりよい働き方ができます。

 

まとめ

派遣で働くメリット・デメリットや、それを活かせる派遣会社選びのコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

別の記事で、オススメの派遣会社の比較などもしていますので、こちらもぜひご覧くださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました